« グレッグ・イーガン面白いなぁ~。 | メイン | パラダイス・ナウと死生観。 »

2007年04月30日

R.I.P DJ KLOCK。

彼の初期作品が彼自身のclockwiseから滲み出し始めだした頃、
その周囲が煽り立てるようには刺さってこなかった音像。
円蔵は自前のレビューで好きになれない、と書いていたことを記憶している。
その後も媒体は何かの度に彼の独特なDJスタイルや、
偏執潔癖な音作りをフィーチャーし続けてきたのだけど、
たしかサブライムから出た作品を、
「あ、聴いて見たかったんだそういえば、あれ」
と想い出させてくれたのが白石さんの日記だった。
それが彼の逝去の報だったことに、
初めての共感を覚えながらこのエントリを書き付ける円蔵は、
明日行きつけのレコード屋でそれを買うのだろう。

requiescat in pace DJ KLOCK.


powered by performancing firefox

このエントリに関連するかもしれないエントリ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.enzo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/34

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)