« CDで聴くクラブ・ミュージック。 | メイン | AJAXライブラリで高速サイト内検索。 »

2007年04月24日

父の愛する長崎でこんな仕打ち。

円蔵はしばしば面倒くさがってだね、
「そういう定性的な設定じゃ困るんだよね、定量的な記述に改めてくれる?」
と朝令暮改措置を何度も強制されて来ているのだけど、
いやめんどくさいから他人にも強制するし、
めんどくさいから核弾頭も長崎に落ちたんだろうと思うんだけど、
で、
「父伊藤一長はこの程度の存在でしたか。」
と放言できる厚顔無恥なあなたご自身にも相当長崎市を任せて置けない以上にね、
赤の他人でもあるあなたの旦那さんのねそれはね、
一長さんのヒュレーはもとより、エートスの程度がかなり、いや、遠く違った、
というだけの事だったんじゃないか、とどうして思えないのかっていう理由は、
遺影担いで選挙運動できるだけの精神に宿るということだと、
円蔵は定性的に思ったわけですよ。
よく噛んで寝ろよ。

powered by performancing firefox

このエントリに関連するかもしれないエントリ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.enzo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/31

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)